好きなもの

2016年08月15日 17:57

ブログの日記の方で書こうかよっぽど迷ったのですが、此方で。今後近況報告とかもここが増えるかなぁという気がしています。やっぱり運営していくならまとめちゃった方がいいよね!(というある種の言い訳)

さて。最近は無事諸々のことが落ち着いて、少し創作活動の方に意識を向けることができる時間も増えてまいりました。その分自分の趣味と向き合う時間も増えたわけで……色々と思うところがあるかもしれないなぁと思いました。Youtubeで私がいつも見ている某弾き語りさんなのですが、就職活動中もずっとその人の歌声やギターの音色に救われて来まして!すごいなーすごいなーと思っていたのですが、こないだラジオのようなものを聞きに行って、「凄い」ってこういうことだなって思いました。

というのも、「この人本当にギター好きなんだなー」と!何か言葉の端々から弾き語りへの愛を感じるというか!全然義務みたいな感じではないんだなと。いや、勿論そういう場で「義務で歌ってますキツイですわー」なんて言う人そうそういないとは思うんですが、そうじゃなくて。心の底から自分のやってることが好きで、ちゃんと誇れているというか。すごく見習いたいなと憧れの一種を抱きました。はい。もうすごく。

で、自分の小説を書くことに対するスタンスを考えたときに、実を言うと一時期義務のような感覚で書いていたことがあるなというのを思い出して。それから暫く書けなくなっちゃったり(いわゆるスランプというもの?)して、小説書くことにそこまでの愛情注げてなかった!自分の馬鹿!!!と今更ながら思いました。

決して!決して小説書くことが嫌いなわけではないのですが!寧ろ大好きなんですが!

被害妄想ではないけど、自分が責任とか義務とかの認識を強めてしまう性格(面倒臭い)なのは自覚しているので、今後、趣味に対するスタンスを見つめ直せるようにしながら、無理なく楽しく小説を書くようにしたいなと思いました。実際、文章って楽しんで書いてる人とそうじゃない人ってはっきり出るからね!滲み出るからね!!義務で書いてた時の自分の文章の嫌々さ加減よ……ホームページに掲載するにあたってちょっと書き換えちゃったよ……!(あまりの酷さにいてもたってもいられなくなった)

………卒業制作の締切…ほら、義務になっちゃだめだから……ちょっと待って…。

……頑張ります(`・ω・´)(不安)